メニュー

English

閉じる
Pan Pacific
Championship 2018

Pan Pacific
Championship 2018

Welcome to Japan
PAN PACIFIC CHAMPIONSHIP 2018

はじめに

今回日本がホスト国としてフリーダイビング インドアカップ パンパシフィックチャンピオンシップ2018を開催することになりました。 大会日程は、2018.3.22~3.24、どなたでも参加可能なオープン大会となっており、スタティック・アプネア、ダイナミック・アプネア・ウィズアウトフィン、 ダイナミック・アプネア・ウィズフィンの3種目を1日1種目ずつ、競技前日のオフィシャルトレーニングも含め4日間にわたって行います。 会場の千葉県国際総合水泳場は、FINA-世界水泳連盟の基準に適合した室内プールとなっています。 国際大会の施設、会場の雰囲気を感じ、海外選手とも交流が出来る良い機会でもありますので、海外大会未経験の方を含む多くの方にぜひこの大会を楽しんでもらえたらと思っています。 競技はAIDAインターナショナルのルールに基づいて行われます。

競技イメージ 競技イメージ

パンパシフィック チャンピオンシップとは

オーストラリアフリーダイビング協会が、2015.11.26~11.28までブリスベンにて第1回パンパシフィック チャンピオンシップを開催しました。 16か国(オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インドネシア、アメリカ、中国、日本、マレーシア、ニューカレドニア、ロシア、 ベネズエラ、クウェート、イラン、ドイツ、イギリス、エジプト)45名の選手が参加し、成功を収めました。 その中の選手、スタッフから次回は日本でとの多くの声が寄せられ、今回の大会開催に至りました。

競技イメージ 競技イメージ

表彰について

1. 男女各種目別上位3位
2. 男女3種目合計ポイント上位3位
3. 国別上位3位
(各国出場選手の3種目合計ポイント中、上位3位までの合計ポイントの大きいほうから順位を決定。対象は環太平洋地域のみ