安西俊一画像
 
区政報告  平成19年9月23日

平成19年第3回区議会定例会が9月20日から10月19日まで開催されます。
青木区長の挨拶の一部について、記載いたします。

1.「区立保育園の民営化」について
本区は公立保育園5園を民営化する予定であり、現在本田保育園、たつみ保育園については平成21年4月より民営化を実施します。
その際、病後児保育等の保育サービスの拡充に向け専用の保育室の整備を今年度から2年間かけて行います。

2.「小中一貫教育」について
「葛飾区基本計画」では、今後10年間で5ヶ所の小中一貫校の実施を計画しています。
清和小学校と立石中学校、こすげ小学校と綾瀬中学校、松上小学校と新小岩中学校、高砂小学校と高砂中学校、花の木小学校と金町中学校を、教育推進モデル校と位置づけ、小中連携の強化を進めてきました。
今後、教育委員会では、近く公表される「未来を見据えた学校づくり検討委員会報告(案)」を踏まえ、設置の時期やその方法などについて具体的な検討に入ります。

3.「葛飾区スポーツ振興計画」について
「基本理念」は区民が身近な地域で「いつでも、どこでも、だれでも、いつまでも」自分にあった形でスポーツ活動に親しみ、スポーツを通じて健康で元気な葛飾つくることを目指します。
目標として「子供の心と身体の健康をはぐくみ、基礎体力の向上を目指すこと」、「区民のスポーツ参加機会を拡充すること」、並びに「成人区民のスポーツ実施率50パーセントを目指すこと」を掲げ、今後10年間で実施すべき本区のスポーツ振興施策を、本年度中に成案としてまとめて参ります。

4.リニューアル・オープンの「プラネタリウム」観覧車5万人突破
本年3月24日リニューアル・オープンした「郷土と天文の博物館」のプラネタリウムは、春の番組「かつしかから宇宙へ」、夏の番組「クイズ!太陽系大冒険」が好評を博し、8月26日には観覧者が5万人をこえました。新たな企画として、銀河の衝突を再現した秋の番組「宇宙の果てをさぐる」が9月15日から公開されますので、ご期待ください。

5.公共施設の見直しについて
平成20年度までに、地区センター、集会所、敬老館および社会教育館の4種類の施設を、一体的に再編する方針が「公共施設見直し推進計画」で示されました。今後、具体的な施設運営方法の検討を進めるにあたり、利用者へのサービス水準を落とさぬよう致します。
以上のことについては、今定例会における各委員会の場で充分に審議してまいります。

   

ページの先頭へ