■   書 籍 紹 介   ■



 ビジネスマン龍馬 〜大きな仕事ができる男とは?〜

 蓑宮武夫著。激動の幕末、龍馬や多くの若い志士が命懸けで手に入れた
 もの、それは、私たちが暮らす「現代」だと思います。そして今、次の時代や
 国をよりよいものにするため、私たちが高い志と行動を以て事を成す番と
 なりました。本書はそのための道標です。一人でも多くの「平成の龍馬」誕生
 を願う強い日本再生への行動論。

 PHP研究所発行 定価:1,500円(税別)
 「龍馬道」〜あきらめない力〜

 橋本邦健著。坂本龍馬ファンの聖地と言える「高知県立坂本龍馬記念館」。
 10億円を要したその建設には、ある一人の男を中心としたドラマがあった。
 民間の募金によって記念館の建設費用をまかなうという前代未聞の取組み。
 何度もくじけそうになった。それでもあきらめなかった。まさに、それが龍馬の
 精神であり、龍馬道である。著者からの熱いメッセージが刻まれた本。

 主婦の友社刊 定価:1,680円(税込)
 「塩飽島戦記」

 吉田幸男著。日本国海運の基礎を築いた塩飽海賊衆の活躍を描く。
 天霧城落城、塩飽広島へ落ち行く、塩飽島へ移る、珍客来島、南蛮人宣教師
 救助、松井友閑堺代官就任、宇多津沖にて安芸門徒衆攻撃、信長・朱印状、
 木津川河口決戦、「コノ」、秀吉中国路進軍、園の洲、友閑来島、豊後へ出陣
 、身辺雑事、秀吉より領地安堵、唐入り日本水軍苦戦、依然水軍難儀など

 自費出版 定価:1,500円(税込)
 「龍馬に逢いたいぜよ」

 そらあすか著。高知、神戸、長崎、京都の坂本龍馬ゆかりの地や史跡を巡っ
 てきた旅の記録をまとめた女性向け旅エッセイ。坂本龍馬を巡る旅に出ようと
 いう女性必読!


 ミリオン出版発行 定価:1,260円(税込)
 「龍馬物語T”伏龍”」

 松山遼人著。多感な少年龍馬は、剣の腕を認められて江戸に遊学するが、
 激 動の幕末期、ペリー来航など時代は揺れる。龍馬24歳までを綴った歴史
 小説。


 文藝春秋企画出版部発行 定価:1,500円(税込)
 「潜水艦乗りの妻からお百姓さんの妻へ」
  〜自然農で自給自足を目指して〜

 宮崎薫著。偶然?必然?それとも、運命?それは龍馬めぐりの1か月極貧旅
 行から始まった!自衛官を辞めて農業を始める決意をした夫と大喜びで後押
 しする妻の愉快なエピソードの数々。


 文芸社出版 定価:1,155円(税込)
 「龍馬は和歌で日本を変えた」

 原口泉著。幕末の動乱期を、常識から逸脱した行動力で駆け抜けた坂本龍馬
 像は有名ですが、実際の龍馬が日本古来の和歌や美に大変精通し、「繊細さ
 」を併せ持った人物であったことはあまり知られていません。本書では、龍馬
 がその手でしたためた情緒溢れる「和歌」の原文や、歴史的な決定の一つ一
 つに垣間見られる彼の日本人的な新たな一面にスポットを当て、そこに込めら
 れた「人間・坂本龍馬」の心と真意にせまる一冊となっています。

 海竜社出版 定価:1,575円(税込)
 「詳細地図でめぐる 土佐 龍馬」

 高知新聞企業文化出版局出版調査部企画制作。高知県内の坂本龍馬にか
 かわる史跡を、豊富な写真と詳細地図で紹介。室戸から土佐清水まで地域
 ごとに、「泣き虫龍馬」「維新への道脱藩」などのタイトルで20コースを紹介し
 ています。身近な史跡が、龍馬とかかわっていたという発見もあり、地元なら
 ではの龍馬本となっています。

 高知新聞社発行 定価:1,470円(税込)
 「海援隊秘記」

 織田毅著。1867年長崎。龍馬と弥太郎が歴史を変える。龍馬の長崎時代を
 丹念に調査してきた著者が掘り起こす、激動の日本を動かした二人の若者
 の真実!


 戎光祥出版 定価:1,575円(本体1,500円+税)
 「お龍さんの長崎日和」

 小曽根育代著。幕末の一時期、坂本龍馬の妻お龍は、龍馬と親交のあった
 長崎の豪商小曽根家に滞在。同家の女主人お常たちのもとで心温まる暮らし
 を始める。日本の夜明けを夢見て東奔西走する龍馬の帰りを待ちわびながら
 ・・・。史実をもとに豊かな想像力で描き出す物語。

 長崎新聞社発行 定価:1,470円(本体1,400円+税)
 「龍馬の長崎」

 本田貞勝著。長崎と時代を駆け抜けた男の話。「竜馬がゆく」と史実のあいだ
 を徹底追求。田上長崎市長が序文で応援メッセージ。



 長崎文献者発行 定価:1,470円(本体1,400円+税)
 「坂本龍馬と竹島開拓」

 小美濃清明著。吉田松陰、坂本龍馬、岩崎弥太郎が竹島(鬱陵島:うつりょう
 とう)開拓を計画していた。



 新人物往来社発行 定価:3,150円(本体3,000円+税)
 「図説坂本龍馬」

 高知県立坂本龍馬記念館館長の小椋克己氏、龍馬研究家の土居晴夫氏が
 監修。龍馬生誕170周年記念として作家や研究家、全国の龍馬会の人たち
 が情熱をもって執筆。370枚におよぶ写真・図版と詳細な解説を収録し、すべ
 ての龍馬ファンに贈る。尚、長崎龍馬会からは柴崎賀広氏が執筆。

 戎光祥出版 定価:1,890円(本体1,800円+税)
 「龍馬と八人の女性」

 阿井景子著。土佐の巨人坂本龍馬をめぐる女たちの愛怨・・。幼馴染み、平
 井加尾。高知城下評判の美少女、岩本徳。勤王党士桧垣清治の姉、山川須
 磨。桶町千葉道場の娘、千葉佐那。寺田屋の女将、登勢。長崎芸姑、元。強
 く優しい実姉、坂本乙女。そして最愛の”妻”、楢崎龍。入念な史料渉猟と取
 材で女性たちの素顔に迫る書き下ろしノンフィクション!

 戎光祥出版 定価:1,890円(本体1,800円+税)



トップページ