■   会 報 「 邂 逅 」 2 0号   ■



18号 19号 21号 22号 23号 24号 25号 26号 27号 28号

平成18年3月発行
はじめに 長崎龍馬会 会長 馬渡 善裕
会員の皆様、輝かしい新春を迎えられたことと心からお慶び申し上げます。昨年は、情報発信をテーマに取り組み、ホームページの開設による情報の共有化、会報・イベント案内の発信充実化を実施して参りました。また、龍馬像建立16周年記念事業には、九州の龍馬会8団体(50名程)の参加をいただき九州龍馬社中総会を開催致しました。まだまだ会の運営について改善すべき点が多々ございますが、幹事一同努力して参りますので皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。今年は、イベント案内でお知らせしている通り、龍馬像建立17周年記念事業に併せて全国に「龍馬の歌」を募集し、長崎市民会館文化ホールで音楽祭を開催致します。「龍馬の歌」を通じて感動を共有するとともに、若い人たちが坂本龍馬を学ぶ機会になればと思います。会員の皆様には、このイベントの実現にむけてお力添えを賜りたいと考えていますので、ご協力を心からお願い申し上げます。
『第17回龍馬ファンの集い』〜高知大会〜に参加 柴崎 賀広
10月15日(土)に高知市で開催され、当会から4名の精鋭が参加。大会は、龍馬生誕170年記念として企画され、まず、龍馬ゆかりの地の首長7名による龍馬サミットが「先人に学ぶ」をテーマに行われました。長崎からは、長崎市長の代理として延田観光部長が登壇し、今年4月から市内全域を会場に開催される「長崎さるく博’06」について亀山社中や風頭山龍馬像なども含まれたコースなどを紹介し、恰好のPRとなってました。次に、8団体からの活動報告があり、本県の五島龍馬会からワイルウエフ号遭難の地で開催している「龍馬ゆかりマラソン」の様子が紹介されました。個人的には、全国の龍馬ファンに、龍馬の手紙でも記されている墓碑は勿論のこと、当地に残されている遭難騒動の史実をもっと知ってもらいたいと思ってます。大変、臨場感あるものです。本大会後の懇親会は、老舗料亭”得月楼”(改名前は陽暉楼)でありました。高知の名酒や”かつおのたたき”で大いに盛り上がり、全国からの参加者と交流できましたが、参加者が200名を越す大人数で、部屋も二つに分かれ、時間が足らんというのが正直な感想。その分、2次会は、恒例の龍馬亭”松うら”で店の大将も一緒に痛飲の夜でした。盛大になることは歓迎ですが、龍馬会も全国で120を越す現在、第2回大会から参加している小生としては、”集い”のあり方も工夫がいるなとここ数年感じてます。翌日は、桂浜の龍馬さんに会い、龍馬記念館を見学し前田学芸主任を訪問、龍馬脱藩の道を途中まで辿り、八幡浜経由で帰路となりました。帰りのフェリーでは申し合わせたように、熊本や福岡、大分のメンバーと合流し、予期せぬ”船中”交流会となり、最後まで充実の行程でした。
          会場ロビーで龍馬のブーツを販売 全国大会参加者の記念撮影 梼原の維新の群像前での記念撮影
九州龍馬社中幹事会開催について 金子 剛
平成17年10月29日午後6時より、熊本県荒尾市ホテルニューまるよしにて、九州18団体中、11団体が参加し、九州龍馬社中幹事会が行われました。今回の議題として、
 第1号議案 九州龍馬社中代表幹事及び事務局選出
 第2号議案 九州龍馬社中組織図つくり(各龍馬会への迅速な連絡網をつくる)
 第3号議案 九州龍馬社中本部費徴収について(郵送費・電話代・通信費・コピー等事務用費、ブロック長会
         議等出張費を、現在、個人負担もしくは会負担でまかなっており、持続が困難になってきてい 
         るため、各龍馬会より本部費を年間5千円程度徴収してはどうか)
以上の議案が話し合われました。第1号議案については、代表幹事に長崎龍馬会の金子氏を選任し、副幹事は各県に1人おくことで決まりました。第2号議案については、組織連絡表という形で名簿を作成し、メールやFAX等で迅速な連絡がとれるように決まりました。第3号議案については、次回平成18年4月29日の総会で本部費徴収額を含め決定するということで決まりました。会議終了後、懇親会が開催され、龍馬について朝まで語り合いました。翌日10月30日には、「八郎ふるさとハイク」も開催され、多数の参加があり、無事終了することができました。これからも、九州が全国の模範となるよう団結してガンバッテいきたいと思います。
龍馬銅像掃除だより 馬渡 善裕
平成17年11月12日恒例の龍馬像掃除を会員4名(増田泰・牧本・岡・馬渡)で行った。今回は、鳥の糞などの付着はなかったが、虫が龍馬像の右耳に巣をつくっていた。濡れタオルで簡単にとれると思ったが硬く、なかなかとれない。細い棒で突き刺し時間をかけて少しづつとらざるをえなかった。17年間掃除を続けてきたが、初めての経験だった。その後は、いつも通り1時間半かけて水拭きワックス掛けを行った。ワックス掛け後の龍馬さんの顔は、とてもいい顔してました。参加した皆さんおつかれさまでした。



トップページ