■   会 報 「 邂 逅 」 2 2号   ■



18号 19号 20号 21号 23号 24号 25号 26号 27号 28号

平成19年8月発行
長崎坂本龍馬像18周年記念事業を開催して 馬渡 善裕
去る5月20日(日)長崎市風頭公園で坂本龍馬像建立18周年を記念し、約50名の参加者と観光客が集う中、式典が開催された。主催者挨拶後、元龍馬の銅像建つうで会会長の柴崎賀広氏による講演が行われた。テーマは銅像建立物語。約1時間かけて銅像を建立するまでの貴重な体験談を語っていただいた。その後、昨年の銅像17周年記念事業として開催した龍馬の歌音楽祭でグランプリを受賞した折原賢児氏に受賞曲の「若人よ旅立ちの時がきた」を演奏していただいた。演奏終了後は一期一会の平川会長の乾杯の音頭で祝賀会がスタート。いつ終わるか解らぬ宴の始まりである。
               柴崎賀広氏による講演      折原賢児氏による演奏   一期一会の平川会長による乾杯
祝賀会では観光客への振る舞い酒や折原賢児氏による龍馬の歌アンコール、そして道に迷い遅れて来た筆師の杉田廣貴氏による書き降ろし。龍馬像を前に、我々へのメッセージを書き降ろしてくれた。出会いの大切さを書いたのだろうか。それにしても当会に関わる人は不思議な人が多い。昼から始まった記念式典も夜遅くまで続き解散となった。最後に記念式典にご参加いただいた皆様、そしてご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。今後も21世紀の人づくりのために活動を続けて参りますので、引き続きご支援を賜れば幸いに存じます。
                       杉田廣貴氏(筆師)による書き降ろし         延々と続く祝賀会
第7回坂本龍馬杯ボウリング大会に参加して 大西 かおり
去る7月11日「第7回坂本龍馬杯ボウリング大会」が長崎ラッキーボウルで開催されました。今年もたくさんの老若男女、全31チーム(総勢93名)がエントリー!およそ19時30分。およそ時間通りに当会会員である重藤さんの始球式でゲームがスタート!各レーンでピンを弾く爽快な音が一斉に会場に響きました。私も久々のボウリング。1ゲーム目は肩慣らし、2ゲーム目はたった9ポンドの球に逆に操られ・・・散々な結果でした。でも、女性のハンデは1ゲームにつき40Pのハンデが付きます、これに期待しよう?。会場は一投ごとに盛り上がったものの、約2時間後のゲーム終了時にはすっかり疲れてました。いえいえ、盛り上がるのはこれからです!結果発表!!!今年の優勝チームへの賞品は「ホテルニュー長崎ランチ食事券」です!そして、この食事券を手にしたチームは「チーム凸凹」女性のみのチームでした。やはり240Pのハンデは大きいようです。次々に順位と賞品が司会者によって読み上げられ、会場では歓喜と落胆の声が交錯しておりました。そしていよいよ個人賞です。賞品の中で一番注目を浴びていた「折りたたみ自転車」の行方が気になります!今何時で賞・・・22時11分「11位の方!!」見事、町田さんが自転車をゲットしました。会場が落胆の拍手の中、一番大きなため息をついたのは何を隠そう12位の私だったでしょう。そんな運も実力もない私もチーム賞で「折りたたみ」ではありませんが、傘をいただきました。もう一つの目玉賞品「史跡料亭・花月ペア食事券」は中間賞、47位の畑上さんがゲットされました。おめでとうございます、素直に羨ましいです。今年も多くの企業・団体様のご協力の下、大盛況のうちに幕を閉じた第7回大会でした。
              始球式            結果発表       史跡料亭花月ペア食事券      賞品授与
龍馬像大掃除 馬渡 善裕
平成19年4月21日(土)に行った恒例の長崎坂本龍馬像大掃除。この日は、長崎龍馬会会員8名に加え、銅像制作者の山崎和国先生にご参加いただき銅像のお色直しを行った。平成元年5月21日建立以来、毎年年2回銅像建立日前と龍馬生誕日前にワックス掛けを行い、2〜3年毎に山崎先生による金粉塗りを行ってきた。そのおかげで18年経過した銅像も立派に見える。これも龍馬への愛情の重さなのだろう。これからも銅像磨きは続けていくだろうが、そろそろ次世代へのバトンタッチを考える時期であることは間違いない。
長崎さるく「龍馬コース」の紹介 長崎さるくガイド 増田 泰之
長崎には皆さんご存知のグラバー園や大浦天主堂、平和公園など、観光ガイドブックに紹介されているもの以外にも魅力的な観光名所や旧跡がたくさんあります。あの坂本龍馬、勝海舟、福沢諭吉など多くの偉人も長崎で学び、日本の近代化に大きく貢献しました。また、愛八の『ぶらぶら節』に歌われているように、ハタあげやくんちなど長崎ならではの季節感あふれる暮らしや風情が今も受け継がれています。それらの魅力をたっぷり味わってもらうには、長崎のまちを歩くのが一番です。そこで、平成18年4月1日から212日間にわたって実施した「日本ではじめてのまち歩き博覧会長崎さるく博’06」。市民の皆様をはじめ全国の皆様に、長崎のまちの知られざる魅力をご紹介しながら、好評のうちに終了することができました。観光客と長崎市民がふれあうという新しいスタイル、長崎のまちのイメージが変わったという声。そしてなにより、このままずっと続けてほしいという要望もたくさんいただきました。このような様々な声にお応えして、平成19年4月1日から「長崎さるく」として再スタート。“さるく”とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁。和華蘭(わからん)まち長崎の歴史、隠れた魅力などを存分にご堪能ください。
「長崎さるく」は以下の3コースがあります。
 1.特製マップ片手に自由きままに散策をする45コース「長崎遊さるく」
 2.さるくガイドの説明を聞きながら歩く33コース参加料500円・15名単位「長崎通さるく」
 3.専門家による講座や体験を通してさらに深く探求する36コース「長崎学さるく」
  龍馬コースは出島に集合(当日でも参加可能)して
  路線バスで風頭公園→上野家墓地(上野彦馬)→
  坂本龍馬之像→司馬遼太郎「竜馬がゆく」文学碑→
  亀山焼窯跡→亀山社中資料展示場→
  良林亭跡→若宮稲荷神社(伊良林稲荷神社)→
  龍馬通り→光永寺(福澤諭吉ゆかりの寺)

  コース時間:2時間半 コース距離:約2km
  消費カロリー:195kcal
「長崎通さるく」では、龍馬コースが県外からの参加者が一番多く、先日案内した時には、京都2名、福岡4名、熊本2名、長崎市内5名、長崎県内6名の参加者がいました。龍馬の魅力を再発見するため、私たちと一緒に長崎をさるいて見ませんか!!
土曜・日曜・祝日には、出島に13時集合!!(事前の予約をお願いします。)
尚、7月及び8月は龍馬コースがありませんので、ご了承下さい。
予約及び問合せ先
(社)長崎国際観光コンベンション協会 長崎さるく受付
〒850-0862 長崎市出島町1-1 出島ワーフ2階
TEL:095-811-0369 FAX:095-824-9128
E-mail:nitca-plan@triton.ocn.ne.jp URL:http://www.saruku.info/



トップページ