■   会    則   ■



改訂:平成22年1月10日
平成4年10月1日
(名称)
第1条 本会は、長崎龍馬会(以下、「会」という。)と称する。
(目的)
第2条 全国龍馬ファンのネットワークづくりとその長崎におけるキーステーションとして、単なるファンクラブでも、また歴史研究会でもなく、龍馬の精神・姿勢・視野をもって自己研鑚を計りつつ、地球規模で日本の将来を考える。
(活動内容)
第3条 会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 全国の龍馬に関するグループやそれに類するグループとの交流。
(2) 長崎の龍馬を初めとする歴史的遺産の保護と活用。
(3) 座談会、史跡案内、龍馬展、イベント等の開催。
(4) 長崎風頭公園龍馬像の維持・活用。
(5) 九州・全国龍馬社中の推進。
(入会規約)
第4条 本会の目的に賛同し、楽しく、行動を共に出来る方なら誰でも入会可能とする。但し、幹事会での審査が必要な場合はその限りではない。
(組織)
第5条 会は、次の役員を置く。
(1) 会長 1名 (2) 副会長 2名
(3) 事務局長 1名 (4) 龍馬楽校長 1名
(5) 事務局次長 1名 (6) 龍馬楽校主任講師 1名
(7) 会計担当 1名 (8) 事務局員 複数名
(9) 監査 2名 (10) 支部長 複数名
(顧問)
第6条 会は、顧問を若干名置くことができる。
(執行機関)
第7条 第5条の1、2、3、4、5、6、7、8、9をもって幹事会とする。
 2) 幹事会をもって会の執行機関とする。
 3) 一般会員が幹事会に参加することを妨げない。
(役員の職務)
第8条 会の役員は次の通りとする。
(1) 会長は、会を代表し、総括する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長不在時には、その業務を代行する。
(3) 事務局長は、会長を補佐し、会の運営・事務・渉外及び会の活動計画・企画に関する業務を処理する。
(4) 龍馬楽校長は、会の活動計画・企画に関する業務を処理する。
(5) 事務局次長は、事務局長を補佐し、事務局長不在時には、その業務を代行する。
(6) 龍馬楽校主任講師は、龍馬楽校長を補佐し、会の業務を処理する。
(7) 会計担当は、会の会計を行い、会の業務を処理する。
(8) 事務局員は、事務局長及び龍馬楽校長を補佐し、会の業務を処理する。
(9) 監査は、会の会計を監査する。
(役員の選任)
第9条 役員は、総会の中で互選する。
(役員の任期)
第10条 役員の任期は、1年間とする。但し、再任を妨げない。
(総会)
第11条
(1) 総会は、年1回開催する。
(2) 総会は、会長が招集し、議長となる。
(3) 総会の議決は、議長を除く会議出席者の3分の2以上によって決する。
(会議)
第12条
(1) 定例会は月1回(第1土曜日)行い、事務局長が議長となる。但し、状況により事務局長が招集し幹事会を行う。
(2) 幹事会は、事務局長が招集し、議長となる。
(3) 会議の議決は、議長を除く会議出席者の3分の2によって決する。
(4) 第3条のため必要な委員会を設けることができる。その委員会の委員長は、事務局長が担当する。
(会計)
第13条
(1) 会の会計年度は、1月から12月とする。
(2) 会の経費は、個人会費3千円(年)、法人入会金5千円・法人会費5千円(年)、及びその他の収入を以ってこれに充てる。法人会費は、法人会員の希望により、その他に広告費等を徴収することができる。尚、新会員の会費は、次の通りとする。
・1月〜4月入会 個人3千円、法人5千円(+入会金5千円)
・5月〜8月入会 個人2千円、法人5千円(+入会金5千円)
・9月〜12月入会 個人1千円、法人5千円(+入会金5千円)
・子供(中学生以下)入会 個人1千円(但し、保護者の同意が必要)
(3) 会の口座を次に置く。
郵便局 口座名:長崎龍馬会 口座番号:01750−4−64018
銀行  親和銀行長崎支店 口座名:長崎龍馬会 口座番号:5−016−974
(会員資格)
第14条 会員の資格は、会費(年)を納付した者とする。
(事務局)
第15条 会の事務局は下記に置く。
長崎市銅座町2−21      風雲児焼鳥「竜馬」  095−821−9766 (夜間のみ)
(その他)
第16条 この会則に定めるもののほかに必要な事項は、別に幹事会で定める。
(附則) この会則は、平成4年10月1日から施行する。



トップページ