無銘 伝当麻








  古刀 (鎌倉時代後期 約700年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  第二十四回重要刀剣指定品







長さ69.8cm 反り1.0cm 目釘穴2個
元幅2.9cm  先幅2.1cm 元重0.7cm
 

 大磨上無銘の刀で当麻の作と伝えている。当麻は当麻寺に隷属していた一派で鎌倉中期から南北朝にかけて栄えている。 在銘のものが少ないのは寺社に隷属していたためであろう。
 この刀は刃中の働きがさかんで地刃の出来がよく健全である。 (重要刀剣等図譜より抜粋)

 姿、鎬造り、庵棟、身幅広めに反り浅くつき、中切先に結ぶ。 鍛え、板目肌よくつみ、刃寄りに流れごころ交じり、地沸厚くつき、細かな地景交じる。 刃文、広直刃、互の目交じり、小足入り、ほつれ・喰い違い交じり、沸よくつき、砂流しかかり、金筋入る。 帽子、浅く乱れて丸く返り、二重刃風になる。 茎、大磨上、先切り、目釘穴二。

 鎌倉中期に奈良県北葛城郡当麻に興った大和五派の一つ当麻派は、興福寺一乗院の末寺である当麻寺に縁があり、国行を祖とすると伝えられています。 当麻派は千手院派同様は在銘作が非常に少ないのですが、在銘作は概ね穏やかな作風のものであるとされています。 本作も当麻派の“有俊”や“長有俊”の作風と同じく「鍛えに柾気が目立たず、板目が比較的つまり、刃文は小沸出来の直刃に二重刃や打ちのけが目立ってかかって」おり、当麻派の特徴がよく表れています。  保存状態もよく、肉置き豊かで、地刃の冴えと輝かしい沸が見事であり、同派中の佳作と言えるでしょう。