無銘 寿命








新刀(慶安頃 約400年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  保存刀剣鑑定書







長さ67.9cm 反り2.3cm 目釘穴1個
元幅2.85cm  先幅1.9cm 元重0.7cm

 寿命(としなが)は非常に歴史ある刀工で、古くは鎌倉時代の永仁年間にまでさかのぼります。 初代左衛門尉は大和の出で、二代が美濃に移住し、以後代々その名跡が途絶えることなく繁栄を築いていきます。 徳川の世になり、美濃を離れ、尾張国清水に移住します。 この頃から「石切寿命」「石切清水」などの言葉が寿命についての文献に散見され、当時斬れ味の評判が非常に高かったようです。 また名前の字面が縁起が良いとのことで、贈答などにも好まれたと聞きます。

 本作は無銘ながらも新刀期の寿命の特徴が随所に示された作。
 鎬造、庵棟低く、身幅尋常、元先の差つき、踏ん張りごころがあり、反り深くつき、中切先に結ぶ。 鍛え、板目肌流れ、肌立ちごころに地沸き、地景入る。 刃文、互の目乱れに丁子刃、蟹の爪風の刃が交じり、華やかに乱れ、足・葉さかんに入り、金線・砂流しかかり、匂口締まりごころに小沸つき、明るく冴える。 帽子、直ぐに小丸。 生ぶ茎、鑢目勝手下り、刃上りの栗尻。

 長さこそ二尺二寸四分ですが、反りが非常に深くついた美しい姿は実寸よりずっと長く見えます。 鍛えが総体に強く流れ、肌立ちごころに地沸が付き、匂口締まりごころ小沸つき、匂口が強く冴えるさまに寿命の特徴がよく表示されており、まさに典型作です。 「石切り」の名声にふさわしく、いかにも斬れ味の良さそうな輝きを放つ優品です。 幕末に制作された半太刀拵が付属しています。