兼定






 古刀(大永頃 約500年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  保存刀剣鑑定書付





長さ70.6cm 反り2.2cm 目釘穴3個
元幅3.1cm  先幅2.3cm 重ね0.75p

 室町後期の美濃鍛冶は関を中心に大変栄えました。 特にその刃味、いわゆる斬れ味の鋭さから日本国内はもとより海を隔てた明国からも注文があったと史書にあります。 その中心に居たのが兼定で、室町中期以降同銘の刀工が数人、数代に渡り活躍しており、なかでも“定”の字のウ冠より下を「疋」の字にきるものを「ヒキサダ」、「之」の字にきるものを「ノサダ」と称し、古来より珍重されてきました。

 本作は疋定銘の優品。

 姿、鎬造り、庵棟、反りややつき、先反りとなり、中切先延びる。 鍛え、板目肌に流れごころ交じり、やや肌立ち、地沸つき、白気ごころ帯びる。 刃文、直ぐ調の互の目乱れに小丁子等交じり、飛び焼きかかり、小足・葉しきりに入り、沸厚くつき、総体に砂流しかかる。 帽子、激しく乱れ込んで返る。 茎、尻を僅かにつまみ、一寸ほど区を送る。 鑢目、逆鷹羽。 

 銘振りからすると初代の銘に似てはいますが、作風に相違があり、いわゆる兼定初二代、および三代ではなさそうです。 しかし、同時代に同地域に同名の刀工が数人いたとされることから、初二代兼定に極めて近い刀工だったと思われます。
 下記の画像でもお分かりいただけるように切先から五寸弱下った棟に、受け傷が残されています。 これは古来より誉れ傷と称され、戦火の下、主人の身を守った証として賞玩されてきたものです。 片手打ちと呼ばれる二尺二寸前後の刀が全盛期を迎える時期に、本作のような二尺三寸を超す幅広で切先の延びた豪壮な姿は戦場でも目を引いたことは容易に想像がつきます。 歴戦をくぐり抜けてきた雰囲気を
江戸期に制作され、保存良く残された黒漆塗印籠刻鞘打刀拵が付属しています。