和泉守藤原兼重

  上作 良業物





  新刀 (寛永頃 約400年前)
公財)日本美術刀剣保存協会 
   特別保存刀剣鑑定書








長さ70.75cm 反り1.7cm弱 目釘穴1個
元幅3.15cm 先幅2.0cm 元重0.7cm
 

 和泉守兼重は初代康継・繁慶に次ぐ江戸鍛冶草創期を代表する刀工です。 「古今鍛冶備考」によると越前の出身で、稀代の剣豪宮本武蔵と交友があり、武蔵の口添えにより藤堂家のお抱え工になったとされています。 武蔵は特に兼重の刀を好んだようで、世に名高い武蔵自作による「武蔵拵」の中身も兼重の作です。 また虎徹の師匠としても世に広く知られており、虎徹のみならず法城寺正弘、大和守安定、三善長道等に直接または間接的に多大な影響を及ぼしました。

 姿、鎬造り、庵棟、身幅やや広く、元先の差幅一段とつき、踏ん張りごころあり、反りやや深めにつき、中切先詰まる。 鍛え、板目に杢目交じり、処々流れて柾がかり、総じて肌立ちごころとなり、地沸厚く微塵につき、地景細かによく入る。 刃文、小のたれを基調に互の目交じり、足よく入り、匂深く、小沸よくつき、砂流しかかり、匂口明るく冴える。 帽子、直ぐに小丸、先掃きかけ、浅く返る。 彫物、表腰元に護摩箸樋、裏二筋樋、共に掻き流し。 茎、生ぶ、先細って刃上り栗尻、鑢目大筋違い、目釘孔一。

  互の目が連れて数珠刃風となった刃を焼き、足太く頻りに入り、匂深く、小沸が厚くつき、匂口が明るいなど、 一見して虎徹を思わせる出来で、同工の中でも特に優れた作です 。 江戸初期の試斬家山野加右衛門永久、勘十郎久英親子による金象嵌裁断銘も多く、裁断銘を入れ斬れ味良さを喧伝するのを盛んにおこなった最初の刀工と言えます。
 現存数が非常に少なく、また宮本武蔵の愛刀、虎徹の師匠など刀工にまつわるエピソードも比較的多いことから、非常に人気の高い刀工です。 この機会をぜひお見逃しなく。