賀州住兼若
   (四郎右衛門)

   上作




  新刀 (延宝頃 約350年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  特別保存刀剣鑑定書







長さ69.4cm 反り1.2cm 目釘穴1個
元幅3.1cm  先幅2.1cm 元重0.8cm
 


 四郎右衛門兼若は辻村家二代又助の嫡子で、始めは甚六を名乗り、後に四郎右衛門と称しました。 延宝五年父の死去に伴い兼若(三代)を襲名します。 大藩加賀百万石に於いて名実ともに最高峰に位置する刀工で、加賀藩領内では「兼若を持っている武士なら禄が低くとも娘を嫁にやろう」と言われていたのはよく知られた話です。 兼若襲名前は父又助の代作代銘をもしていたようで、その作刀期間は半世紀におよびますが、長きにわたりその高い技量と名声を貶めることなく活躍します。

 姿、鎬造り、庵棟低く、身幅やや広く、元先の幅差つき、重ねやや厚く、反り浅くつき、中切先。 鍛え、板目肌よくつみ、肌立ちごころ、地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、かねやや黒みを帯び、冴えわたる。 刃文、大互の目、角張る互の目、片落ち風の互の目などを交え華やかに乱れ、小足・葉よく入り、湯走りかかり、匂い深く、小沸よくつく。 帽子、直ぐに入って先僅かに掃きかけ小丸に返る。 茎、生ぶ、先浅い刃上りの栗尻、鑢目筋違い。 

 本作は互の目乱れに角張る刃がよく交じり、足よく入り、匂深く、沸よくつき、部分的に荒めにむらづき、匂口が沈みごころとなり、帽子掃きかけ、かねに黒みがあり、地沸微塵に厚くつき、ザングリとした肌立ちごころがなど加州新刀の特色がよく見てとれます。 特に角張る互の目は箱刃と称され、兼若の代名詞でもあり、最大の見どころといえるでしょう。 四郎右衛門兼若の典型作にして、彼の遺作中屈指の出来栄えです。