出羽大掾藤原国路
 
   上々作 業物





  新刀 (約380年前)
公財)日本美術刀剣保存協会 
   特別保存刀剣鑑定書







長さ46.5cm 反り1.0cm 目釘穴1個
元幅2.7cm強 先幅1.95cm 元重0.65cm
 

 国路は新刀鍛冶の祖堀川国広門下の高弟で、国広没後の慶長十九年から元和元年の間に出羽大掾を受領したと言われています。 国路の作にはのたれ込んで先の尖った、所謂三品帽子が多いことや、初期作に「国道」と“道”の字を使うこと、そして晩年には「来国路」と“来”を冠しているものがあることなどから、三品家と何らかの関係があったと推せられ、一説によると国広没後、受領の世話人であった伊賀守金道に学んだとも言われています。 国広門下中随一の器用人で、備前伝以外の各伝に通じており、とりわけ相州伝には目を見張るものがあり、志津写し、左文字写しなどに傑作があります。

 姿、鎬造り、庵棟、身幅尋常、元先の幅差さほど開かず、反り浅めにつき、中切先に結ぶ。 鍛え、小板目に小杢目が交じり、よくつみ、地沸つき、細かな地景入り、かね冴える。 刃文、互の目に小のたれ・丁子風の刃などが交じり、出入りが盛んで華やかに乱れ、足よく入り、匂深く、沸厚くつき、砂流しかかり、表裏物打ち辺りに長く金筋入り、飛焼き・湯走りかかる。 帽子、表は乱れ込み、先掃き掛けぎみに返り、裏は大丸風に返り、断続的な棟焼きへとつながる。 茎、生ぶ、先細って深い栗尻、鑢目筋違いに化粧風な鑢目を施す。  目くぎ穴一。

 均整の取れた美しい姿に互の目を基調とした多種多様な刃を織り交ぜ、沸厚く、随所に砂流しを見せ、太く長い金筋を絡ませるなど、国路が最も得意とした志津写しを披露した作。 特に表裏物打ちにみせた長い金筋は最大の見どころであり、彼の比類なき技量の高さを誇っています。 国路の個性が存分に発揮された優品です。