肥後守国康

   上作 大業物





 新刀(頃 約650年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  保存刀剣鑑定書







長さ53.3cm 反り1.6cm 目釘穴1個
元幅3.4cm  先幅2.6cm 重ね0.75p

 肥後守国康は通称源左衛門といい、江戸初期に大阪新刀を牽引した名人初代河内守国助の三男にあたり、二代河内守国助(中河内)の弟である。 彼の作風は中河内同様丁子乱れや拳形丁子等のが交る華やかなものが多い。 技量も兄についで上手であり、中には中河内に迫るものもある。 。 

 姿、鎬造り、庵棟、身幅広く、元先の幅差つき、重ね厚く、反り浅くつき、中切先やや詰まる。 鍛え、小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、かね冴える。 刃文、直ぐに焼き出して、その上は丁子乱れに袋状の丁子・互の目・拳形風の丁子交じり、華やかに乱れ、足長く盛んに入り、随所に葉を交え、細かな砂流しかかり、匂勝ちに小沸つき、匂口明るく冴える。 帽子、直ぐに小丸。 茎、生ぶ、先刃上りの栗尻、鑢目大筋違。

 彼が最も得意とする丁子乱れを広い身幅に華やかに焼いた典型にして傑作の一振り。 鍛えが精良で、殊にすぐれており、むらなく敷き詰められた地沸が初霜のように美しく輝く。 匂勝ちの小沸がついた丁子乱れは多種多様な丁子を含み、冴えることこの上ない。 国康会心の作にして国助一門を代表する逸品です。