固山宗次作 天保九年八月日
   
同年十月十日於牢屋敷
     太々土壇拂切手山田五郎

   上々作





新々刀(1838年)
財)日本美術刀剣保存協会 
  特別保存刀剣鑑定書








長さ70.0cm 反り1.6cm 目釘穴1個
元幅3.3cm  先幅2.1cm 元重0.8cm

 固山宗次は享和三年奥州白河に生まれ、俗名を宗兵衛(惣兵衛)といい、兄に宗平、宗俊がいます。 加藤綱英の許で研鑽を積み、やがて白河藩松平家に仕えるようになります。 文政十二年頃には主家の転封に従い桑名にて槌を振るい、天保二年には江戸に出て鍛刀するも、天保五年頃には尾張徳川家付家老成瀬正壽の家臣で、試斬家または武家目利き天保四天王として世に聞こえた伊賀乗重の知遇を得て尾張にて駐槌し、乗重、そしてその師である山田浅右衛門等に斬味の真髄を学び、会得します。 その後四谷左門町に居を構え、弘化二年には備前介を受領しました。 作風はよくつんだきれいな鍛えに、匂勝ちの丁子乱れを焼いた備前伝に終始します。

 姿、鎬造り、庵棟、身幅広く、重ね厚く、踏ん張りごころがあり、反り浅めにつき、中切先伸びる。 鍛え、板目に流れごころ、地沸微塵に厚くつき、地景細かによく入る。 刃文、丁子乱れに互の目・小丁子・小互の目・尖りごころの刃が交じり、華やかに乱れ、小足盛んに入り、匂深く、小沸つき、細かに砂流しかかり、処々金筋入り、匂口明るく、ややうるむ。 帽子、乱れ込んで、小丸、先掃きかける。 茎、生ぶ、先浅い入山形、鑢目筋違いに化粧つく。 目釘穴一、差し表目釘穴下棟寄りに太鏨で五字銘と年紀を切り、裏に裁断名を入れる。

 宗次は生涯を通じて備前伝の作刀に心血を注いでおり、地刃の華麗さに抜群の切れ味を兼ね備えたその刀は新々刀備前伝の中では随一との評価を得ており、一際人気が高いことでも知られています。 本作もその名声に違わぬ優品で、宗次の特色が存分に示されており、保存状態も素晴らしい。 吉田松陰などの斬首で有名な山田浅右衛門吉利(七代)の手により伝馬町の牢屋敷に於いて試し斬りが行われており、宗次の斬れ味への強いこだわりが感じられます。 識者垂涎の裁断名入りの“天保打”、固山宗次の真骨頂をご堪能ください。