宗 行(波平)







  古刀(室町後期 約450年前)

(財)日本美術刀剣保存協会 
  保存刀剣鑑定書付







長さ20.9p 反り0.2p 目釘穴 1個
元幅2.0p  先幅 内反り 元重0.6p

 平安時代の永延頃に大和国より正国が薩摩国谷山郡波平に移り住み、これを以って波平派の嚆矢とします。 その子は行安といい、以降嫡流は行安を襲名し、一門は江戸後期の長きにわたり栄えます。

 本作もその波平派の刀工。
 姿、平造り、庵棟、小振りで重ね厚め、ふくら枯れごころに僅かに内反りとなる。 鍛え、板目に大板目交じり、流れごころ強く、鉄色やや黒味を帯び、肌立ちごころに地沸つく。 刃文、直刃、刃縁に沿うように細かな金筋ほつれ調に入り、匂口沈みごころとなる。 帽子、小丸、長めに返る。 茎、生ぶ、先刃上がりの浅い栗尻、桧垣鑢。

 古刀期の波平派は保守的であり、長きにわたり先祖である古波平作風を墨守する傾向にあります。 本作も大和気質が感じられ、鍛えに流れごころ強く表れ、肌立ち、刃文直刃にほつれごころ交え、匂口が沈みごころになる等、先祖である古波平の製作手法を踏襲した感があります。 また茎の桧垣鑢(ひがきやすり)にも同派の特徴がよく表れています。 波平の在銘短刀は大変珍しく、得難い一口と言えるでしょう。