無銘 波平







  古刀 (約500年前)
公財)日本美術刀剣保存協会 
   保存刀剣鑑定書







長さ70.2cm 反り1.5cm 目釘穴1個
元幅2.95cm 先幅1.8cm 元重0.7cm弱
 

 波平派は大和系の鍛冶集団で、平安時代の永延の頃、大和から正国なる刀工が来住し、これを波平の始祖としています。 その命脈は江戸末期まで連綿と続き、日本刀の歴史の中でも最も長きにわたって続いた派の一つといえます。 作風は柾目の強い鍛えにほつれや二重刃、打ちのけ等が目立つ直刃など大和色が強く、ねっとりと柔らかみがある地金(じがね)に白気映りなどあがり、匂口がうるみごころとなります。 特に古刀期の波平の作風はあまり流行に左右されず、古くからの伝統的な製法を守った物が多く、一見すると非常に古く見えるのもこの一派に共通する特徴で、最大の見どころでもあります。 

 姿、鎬造り、庵棟、中切先、身幅尋常、鎬幅広く、鎬高く、反りやや浅めに踏ん張りごころつく。 鍛え、板目に大板目交じり、総体に流れ、刃寄りに柾がかり、ねっとりとして地沸つき、地景はいる。 刃文、細直刃、刃縁に細かくほつれ、小沸つき、打ちのけかかる。 帽子、直ぐに小丸。 茎(なかご)、生ぶ、先浅い栗尻、鑢目不明、目釘穴一。

 室町期に制作されたと思われる波平の刀ですが、伝統的な製法を墨守してきたことで時代が数百年あがるかのような枯淡で深い味わいを醸し出しています。 無銘ながらも波平の特徴が随所に散見され、典型的な作と言えます。 最上研磨済み。