荘司越前大掾大慶直胤(花押)
  文政七年仲秋

   最上作






 新々刀(文政七年 1824年)
公財)日本美術刀剣保存協会 
   特別保存刀剣鑑定書附









長さ69.0cm 反り1.9cm 目釘穴1個
元幅3.1cm  先幅1.9cm 元重0.9cm

 安永七年に出羽国山形に生まれた幕末の名工大慶直胤は、本名を庄司(荘司)箕兵衛(美濃兵衛)と称し、大慶と号しました。 若くしてその才を見出された箕兵衛は、当時江戸にて名声を轟かせていた水心子正秀の門人となり、頭角を現してゆきます。 師と同様秋元氏に仕え、文政四年頃に筑前大掾を受領し、嘉永元年には美濃介に転じています。 安政四年五月七日、七十九歳で歿しました。

 姿、鎬造、庵棟、元先の幅差つき、重ね厚く、反り深つき、中切先。 鍛え、板目肌つみ、処々目交じり、地沸厚くつき、細かに地景入る。 刃文、互の目に角がかった刃・丁子・尖りごころの刃等が交じり、処々僅かに逆ごころがあり、足長くよく入り、匂勝ちに小沸つき、長く金筋入り、刃中明るく冴える。 帽子、乱れ込んで小丸。 彫物、表裏に棒樋と添え樋、丸止め。 茎、生ぶ、先栗尻、鑢目大筋違いに化粧つく、目釘孔一、佩き表には長銘と花押、佩き裏には年紀を刻む。

 この刀は直胤四十六歳の作。 最も得意とした備前伝の作柄であり、角がかった刃が目立ち、しかも処々逆ごころが見られるところなどから長船刀工、とりわけ景光あたりを狙ったものかと思われます。 殊に刃中が明るく冴えた出来口で、彼の特色がよく示された典型作であり、重要刀剣指定品とも比肩しうる優品です。