信国(初代)

  上々作






  古刀 (南北朝時代 約700年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  特別保存刀剣鑑定書








長さ30.8cm 反り0.5cm 目釘穴3中1埋
元幅3.0cm  先幅--cm 元重0.5cm
 

 信国は京鍛冶の名門で、南北朝時代から室町期にかけて栄えました。 初代信国は伝書によると来派である了久信(了戒の子)の子または孫と記され、相州貞宗の門に学ぶと伝えられています。 延文・康安・貞治の年紀作があり、その後も南北朝時代末期に代替わりの信国、さらには室町時代初期に左衛門尉信国及び式部丞信国のいわゆる応永信国が続きます。 作風は、延文三年及び康安元年紀の作に見られるように、直刃を焼き、鍛えが刃文に拘わらず流れるなどの来派の伝統を踏襲したもの、そして貞宗風を受け継いだのたれ刃文の二様があります。 僅かにある初代信国の有銘作は短刀・脇差に限られます。

 姿、平造り、三ッ棟、身幅広く、寸延び、重ね薄目、反り浅くつく。 鍛え、小板目よく練れてつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに頻りに入り、沸映り一面に立ち、かね明るく冴える。 刃文、小のたれ調の互の目乱れ、さかんに沸づき、小足入り、細かな砂流しかかり、湯走りかかる。 帽子、小丸に返る。 彫物、表には梵字と爪附剣、裏には梵字・鍬形の下に爪附剣。 茎、生ぶ、先刃上りの栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔三中一埋、中央に大振りの二字銘。

 古来より貞宗の高弟に信国、法成寺国光、そして長船元重がいるとされ、それらを貞宗三哲と称します。 中でも最もよく師風を受け継ぎ、貞宗との関りが確かであったとされるのが初代信国です。 本作も典型的な延文・貞治の大柄な体配を示し、小板目よくつみ、地沸が細かに厚くつき、細かな地景が入り、沸映りが刀身一面に立ち、のたれ調の刃文を焼き、表裏に巧みな彫物を施すなどまさに貞宗が確立した様式が随所にみられます。
 刀剣研究の大家である田野辺道宏氏により鞘書きがなされ、「生茎二字有之 初代ナリテ銘字モ典型的也 同工ハ相州貞宗ノ門人ト傳フ 本作モ貞宗風ヲ承ケシ小湾主調ノ乱ヲ見セ地刃厚ク沸ヅキ出来宜敷候 而刀身彫刻モ逞マシ」と賛辞が記されています。
 初代信国の希少な在銘作であることもさることながら、貞宗との関連性を強く裏付ける作風であり、且つ同工の技量が十分に明示されていることが非常に好ましい。 相州上工の妙味溢れる優品です。