無銘 西蓮

   上々作






古刀(鎌倉中期 約700年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  第二十四回重要刀剣指定品






長さ67.2cm 反り2.0cm 目釘穴2個
元幅3.1cm 先幅2.5cm 重ね0.7p
   
 西蓮は筑前講義所の人で国吉同人といい、時代を文保という。 作風は鍛えのつんだものと肌立ったものの二様あり、刃文は直刃調の弱いものとなる。
 この作、身幅広く大帽子の姿であるが、地刃に西蓮の特色がみられる。(重要刀剣等図譜より抜粋)

 姿、鎬造り、庵棟、鎬幅広く、鎬地の肉を落し、反り高く、大切先。 鍛え、板目、総体に流れごころに肌立ち、地沸つき、白気ごころがある。 刃文、中直刃、小沸つき、頻りにほつれて、打ちのけ盛んにかかる。 帽子、浅くのたれて先掃きかけ、焼詰めごころとなる。 彫物、表裏、平地と鎬地に細樋。 茎、大磨上、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴一。 

 西蓮は、良西の子であり、子に実阿、孫に大左と続き、古刀期に於ける九州随一の名門です。 「光山押型」には「筑前国博多談議所国義法師西蓮 文保元年二月」と銘のある太刀が所載されており、これにより国吉の入道銘が西蓮であることが明らかです。 蒙古来襲による九州の政情平定、治安維持、鎮西御家人の訴訟処理などに対処するため、鎌倉幕府が博多に設けた出張機関が鎮西談議所ですが、西蓮はこの鎮西談議所に仕えていた刀工とみられています。

 作風は九州古典派の風を墨守したものが多く、鍛えが大模様に肌立って流れ、鉄色に黒みがあり、直刃にほつれや喰い違いを交え、匂口にうるみごころを呈したものが一般的です。
 本作も板目が肌立った鍛えに杢目や大板目が交じり、白け映りが立ち、刃文は直刃にほつれ、打ちのけがかかるなど九州古典派らしい作域を示しています。 通常匂口がうるみ、沈みごころになるもの多いのですが、本作は匂口の明るさが強く、冴えており、また刃肌に絡んで刃中複雑に働く様はいかにも古調で深い味わいがあります。 広い身幅に大切先の豪壮な姿には国防の最前線で鍛刀していた刀工の気概が、七百年の時を経て伝わるかのようです。