無銘 志津
          
   最上作 大業物



 古刀
(南北朝期 約650年前)

財)日本美術刀剣保存協会 
  第三回特別重要刀剣指定





長さ70.0cm 反り 1.6cm 目釘穴 3個 
元幅3.25cm  先幅2.25cm 元重0.7cm



 志津は美濃国の地名であり、此の地に正宗門下の兼氏が移住してから、この一派の刀を総称して志津と云い、一般には志津という呼名は兼氏の作を意味するものである。 この刀は、大磨上無銘ではあるが、志津と鑑せられるものである。志津は、十哲に数えられている刀工の中では、最も正宗に近似の作風を示している。 この刀も、地・刃の出来に正宗と相通ずるものがあり、且つ地・刃ともに健全であることも貴重である。(特別重要刀剣図譜解説より抜粋)

 鎬造り、身幅広く、反り浅めにして切先の大きい典型的な南北朝の豪壮な体配。 鍛え、板目肌、総じて流れごころとなり、地沸が厚く微塵につき、地景が縦横無尽に入る。 刃文、互の目、小のたれ、尖りごころの刃など交じり、小沸よくつき、砂流し・金筋かかり、匂口冴える。 帽子は乱れこみ、先小丸になる。

 元々見幅が広く豪壮な造り込みですが、平地を広く取っているためより一層力強い印象を受けます。 地鉄が極めて格調高く、降り積もる新雪の如く敷き詰められた地沸は貞宗の上物を彷彿させるほどの美しさを呈し、匂口の輝き冴える様は正宗のそれに優るとも劣らないほどです。 ハバキの少し上、棟の処に刀を受けた痕跡があります。これは往時の所持者の身を守ったとされ、古来より誉れ傷と呼び習わし、敢えて研ぎ残し珍重してきたものです。 極めて早い回の特別重要刀剣に指定されていることからも傑出した出来は窺い知れ、同工中白眉の作と評するに過言ではありません。 信州の名家、真田家襲蔵品と伝えられています。 
 寒山博士鞘書きの古鞘附。