近江大掾藤原忠広

   上々作 大業物






新刀(約350年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  特別保存刀剣鑑定書






長さ59.7cm 反り1.3cm 目釘穴2個
元幅2.85cm強 先幅1.9cm 重ね0.7p弱
   
 肥前刀の名門「橋本家」に生を受けた平作郎は、幼少の頃より父武蔵大掾忠廣(初代肥前国忠吉)の元で研鑽を積み、寛永九年には父の逝去により十九の若さで一門の棟梁に推され、忠広を襲名し、その後の肥前刀王国の隆盛を築き上げ、橋本家の名声を不動のものとする。 寛永十年から作刀が現存し、寛永十八年には近江大掾を受領し、元禄六年、八十一歳で歿するまで、作刀生活は実に六十余年に及んでいる。 この間、多くの子弟を育成し、三代忠吉、四代忠吉等もその代作、代銘に任じています。

 姿、鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常で、反りややつき、先中切先に結ぶ。 鍛え、小板目肌よくつみ、地沸厚く微塵につき、小糠肌状となり、地景細かにはいり、かね冴える。 刃文、のたれを基調に小互の目交じり、小足・葉入り、匂口しまりごころに小沸厚くつき、明るく冴える。 帽子、直ぐに小丸、深く返り、沸厚くつき、匂口深い。 彫物、表に梵字と独鈷剣、裏に梵字と二筋樋に蓮台。 茎、生ぶ、先入山形、鑢目浅い勝手上り、目釘穴二。

 鍋島藩のお抱え鍛冶であった忠廣の刀はその一際高い美術価値から鍋島焼などと共に藩の贈答目録の上位に位置し、幕府諸侯への贈り物として大変珍重されました。 忠広の評価はその美しさのみならず、斬れ味鋭さからも大業物に評せられています。 本作は常々目にする忠広の作に比べ、地刃が一段と明るく、そして強く感じられる点、帽子の返りが棟側に寄って深く返る点、茎の鑢目がごく浅い勝手上がりとなり、銘字の横棒終筆の止めが僅かに下がっているところ等を合わせて鑑みると、三代陸奥守忠吉による代作代銘である可能性が高いと思われます。 地刃ともに明るく冴えた健全な一口で、彫り物があるのも珍しく貴重です。