無銘 為継

   上作




 古刀(延文頃 約650年前)
財)日本美術刀剣保存協会 
  重要刀剣指定品






長さ72.4cm 反り1.6cm 目釘穴3中1埋め
元幅2.9cm  先幅2.2cm 重ね0.7p

 為継は通説に、郷義弘の子で、則重に師事したと伝えているが、年代的な面でなお検討の余地があろう。 彼には延文二年及び応安二年紀で「越前国藤原為継」銘の作が押形に見られ、また実存する作刀に応安七年紀で「濃州住藤原為継」銘の作例があることから、応安二年より同七年の間に越前より美濃に移住したことが理解される。 作風は板目が肌立った鍛えを呈し、刃文はのたれ主調の乱れ刃・互の目乱れ・互の目に小のたれを交えたもの・直刃調に互の目が交るものなどがあるが、刃縁にはほつれがかかり、沸がよくつき、匂口はやや沈むのが通例である。
 本作は地鉄は板目に杢目が大模様に肌立ち、地沸が厚くつき地景入り、刃文は互の目を基調に尖り刃・丁子等が交じり、処々飛焼かかり、足・葉入り、匂口明るく沸厚くつき、金筋・砂流しかかるなど、総体に為継の特色のよく現われたもので、同作としても特に匂口が明るく、優れた出来映えである。 (重要刀剣等図譜より抜粋)

 姿、鎬造り、庵棟、身幅やや広く、元先の幅差さまで開かず、反りやや深くつき、中切先延びごころ。 鍛え、板目に杢目を交え、総体に肌立ち、地沸厚くつき地景入る。 刃文、互の目を基調に尖り刃・丁子などが交り、処々飛び焼きかかり、足・葉入り、匂口明るく沸厚くつき、金筋・砂流しかかる。 帽子、表は直ぐに小丸、裏は沸崩れ状となり、共にやや深く掃きかける。 茎、大磨り上げ、先切り、鑢目勝手下がり、目釘穴三中一埋め。 

 為継はその作風に正宗や郷義弘に通ずるところがあり、そのため古来より大変珍重され、また中には正宗に極められて伝来したものなどもあったようです。 本作も相州伝上工を彷彿される見事な出来栄えで、常に見る為継極めの刀に比べるとさほど鉄色に黒みを帯びず、同工にまま見られる野趣も抑えられているためか、一段と洗練された感があり、高い格調が見受けられます。 とりわけ沸の強さが本作の醍醐味であり、地刃に厚く付いた沸は複雑な様相を呈し、見飽きぬ景色をもたらしています。 同工作中、出色の出来栄えと言える優品です。