備州長船利光

  中上作
  日本刀工辞典所載品





  古刀 (南北朝末期、年頃)
財)日本美術刀剣保存協会 
  特別保存刀剣鑑定書付








長さ68.4cm 反り2.2cm 目釘穴3中1埋
元幅2.75cm 先幅1.7cm 元重0.7cm
 

 長船利光は銘鑑によると至徳頃の工をその二代目とし、至徳・嘉慶の年紀を挙げている。 
 地刃の作柄および銘振りよりして、南北朝時代末期にかつやくした所謂小反りの一人である。
 
 姿、鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差ややつき、磨上げながらも腰反り高く、先の方も反りつき、中切先となる。 鍛え、板目に杢目交じり、処々流れ、総体に肌立ち、地沸微塵につき、地景細かに入り、。