大和守安定
  (金象嵌)万治三年十二月十二日
  貳ッ胴切落 山野加右衛門尉永久
     
   上作 大業物





 新刀(万治頃 約350年前)
公財)日本美術刀剣保存協会 
  保存刀剣鑑定書









長さ52.6cm 反り0.9cm 目釘穴2個
元幅3.0cm  先幅2.0cm 重ね0.6p

 大和守安定は通称飛田宗兵衛と言い、従来越前出身、初代越前康継の門人と思われてきました。 しかし近年の研究では紀州石堂派の刀工であることが確定しています。 元和四年生まれで、紀州から江戸に出て和泉守兼重に師事したと思われます。 作刀時期は慶安元年頃から延宝頃までで、万時頃の作が最も良いとされます。

 姿、鎬造り、庵棟、身幅尋常、元先の幅差つき、反り浅くつき、中切先やや詰まる。 鍛え、小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、かね冴える。 刃文、焼き幅広く、互の目を基調に尖り刃交じり、やや高低差があり、小足入り、飛び焼きかかり、匂深く小沸つき、匂口明るく冴える。 帽子、直ぐに小丸。 茎、僅かに尻をつまみ、区を五分ほど送る。先、栗尻、鑢目大筋違い、目釘孔一。 差し表、目釘孔下棟寄りに大振りの五字銘、差し裏に三行に渡って山野加右衛門尉永久の金象嵌裁断銘がある。 

 安定は新刀期で最も斬れ味の優れた刀工の一人として知られています。 著名な試斬家であり、幕府の御様御用(おためしごよう)を任ぜられた山野加右衛門尉永久の金象嵌裁断銘の入った作は希少であることから特に人気が高く、古来より愛刀家垂涎の的となってきました。 脇指ながら刀以上の斬れ味を誇る安定の名刀。
 残念ながら現在の研磨が最良とは言えず、そのため通常より抑えた価格となっております。 現状でも十分お楽しみいただけますが、研磨次第ではさらに魅力が増すことでしょう。